うつ病などの心療内科・ストレスケアの専門病院「関西記念病院」

入院のご案内

関西記念病院は治療に専念していただく医療体制を整えています。入院された患者様には治療に適切と考えられる病棟をご案内するとともに、多職種医療チームが一丸となって適切な治療を実施いたします。

入院手続きについて

入院の手続きには患者様、およびご家族様の印鑑、保険証が必要です。入院の際は患者様の日常生活をよくご存知の方と一緒にご来院ください。
また、入院形態には主に以下のようなものがあります。それぞれ精神保健福祉法にしたがって、入院手続きをとっていただきます。

  • ※医療保護入院の保護者(同意された方で未成年者の親または配偶者以外)は、家庭裁判所の選任を受けていただく場合があります。詳細は総合案内にお問い合わせください。
  • ※患者様の病状や治療のため、入院形態を変更させていただく場合があります。その際は、医師が判断します。

ページトップにもどる

入院の諸費用について

1.入院に関する費用

入院料は表示された保険の金額により、次のようなご負担となります。

  • 一般の方(原則70歳未満) 3割負担
    高齢者(原則70歳以上) 1割負担(月額上限:40,200円)
    ※ただし一定以上の所得がある場合は3割負担となります。
  •  

2.入院時食事の一部負担金

1食につき260円

※食事療養費減額認定証をお持ちの場合は、減額のお取り扱いをいたします。(適用の有無は、市区町村役場でご確認ください。) 

 

3.高額療養費の手続きについて

高額療養費とは保険に加入している方が、月の初日から月末までの間に自己負担限度額が80,100円(非課税世帯は35,400円)を超える一部負担金(入院時の食事代・自費分は除く)を保険医療機関に支払われた場合に、その超えた分の金額が支給されるものです。

  • 委任払い制度:
    国民健康保険加入者は、委任払い制度がご利用になれます。この制度は市町村に同制度利用の申請をすることにより、その世帯の所得により1カ月の自己負担制度限度額が決定され、医療機関への支払いは、自己負担限度額が上限となる制度です。(市区町村によっては利用できない場合があります。)
  •  

4.保証金150,000円

退院時に入院費と精算したうえで、ご返金いたします。

 

■手続方法などの詳細は、社会保険の場合は勤務先の保険担当者、国民健康保険の場合は居住地の市区町村国民保険課にご相談ください。
■その他、保険によっては貸付制度が利用できる場合もございます。詳しくはケースワーカーにご相談ください。

入院生活について

以下の事項を厳守してください。よろしくお願いします。

  • アルコールの所持および飲酒は禁止しています。
  • 金品の貸し借り・やりとりは利害関係が発生し、トラブルの原因となりますので禁止しています。
  • 持ち込みを禁止しているもの、また使用を禁止しているものについては、いかなる理由でも使用できません。危険物など持ち込みを禁止している物品がありますので指示に従ってください。
  • 個人情報を教えたり、尋ねたりしないでください。
  • 他の患者様やスタッフに対して、セクハラ、暴言、暴力はお断りします。
  • 暴力団関係者の来院は理由の如何を問わずお断りしています。
  • プライバシー保護のため、許可なく病院の敷地・建物内で写真を撮影したり、録音したりすることをお断りします。
  • 金品を賭けた勝負事は禁止しています。
  • 治療の妨げとなる、または周囲の迷惑となる行為はしないでください。
  • 薬は指示されたとおりに、きちんとお飲みください。
  • 外出時は服装を整えてください。特に下着・パジャマなどでの外出は周囲の方々に不快感を与えますので控えてください。
  • 普段から身の回りの整理整頓を心がけ、他の患者様へ迷惑をかけないようにしてください。
  • 貴重品(金銭など)・物品については、紛失や盗難にあわないよう十分気をつけてください。
  • 病院内の物品を破損したり、汚した場合は弁償していただきます。
  • 病院内の規則を守っていただけない場合や治療に専念していただけない場合は、当院での治療をお断りさせていただくことがあります。

入院時に必要なもの

  • 洗面用具:タオル・洗面器・歯ブラシ・歯磨き粉・石けん・石けん箱・コップ(プラスチック)・シャンプー・ブラシなど
  • 洗剤(ご自分で洗濯される方)
  • パジャマ
  • スリッパまたはサンダル(足音のしないもの)
  • 下着・靴下
  • 普段着

 

 

面会・その他

面会について

入院患者様の治療環境への配慮を含め病院のプライバシー保護対策、感染予防対策等の観点より入院患者様に面会可能な方を明確にさせて頂いております。

 

原則、保護者・同居家族(内縁者除く)・両親・兄弟姉妹・実子の方のみの面会と させて頂きます。
小学生未満のお子様の面会はできません。やむを得ない場合のみ15分以内での面会でお願い致します。

◎ 精神保健及び精神障害者福祉に関する法律上必要な面会(入院患者様の人権を擁護
する行政機関の職員、入院患者様の代理人である弁護士、入院患者様ご本人又は保護者の依頼により入院患者様の代理人になろうとする弁護士との面会)は制限されることはございません。

◎ 確認の為に身分証明書のご提示をお願いすることがあります。

◎ あらかじめ保護者様に確認させていただく場合もございます。 その際、保護者様が不在、または連絡がつかない状況であれば、面会をお断りすることがございます。

 

面会時間

午後1時〜午後7時まで

※特別な場合を除く、上記時間外の面会はできません。なお、外出・外泊の際、帰院される場合も上記時間を守っていただきます。

 

手紙・電話について

患者様からの電話・手紙などは自由にできます。

 

患者様に渡してはならない物

多額の現金・タバコ・ライター・マッチ・時計・貴金属(ネックレス)・ベルト・刃物(ナイフ・缶切り・爪切り)・針・腐りやすい食品など。※その他の物は、病院スタッフとご相談ください。

総合案内

ご相談やお問合せを専任スタッフが窓口となってお受けします。
TEL:072-867-0051
受付時間:午前9時〜午後5時(月曜日〜土曜日)

注意事項

「ご来院の皆さまへのお願い」を必ずお読みください。

ページトップにもどる

nobody wants it, everybody needs it.

当院のご案内

当院の特長